23歳昇天のチビ次にあやかる極楽猫生活

抜糸しました!


昨日(4/6)、ひめが抜糸しました。

3/28に摘出手術をしてから抜糸までの10日間
ひめはずっと術後着を着ていました。


180402h2.jpg


病院で着せてもらった術後着は
患部がお尻に近いので、丈がちょっと長めの黒のロングコート風。


180402h3.jpg


マトリックスっぽくてスタイリッシュなデザインが気に入ったのか
(マトリックスが20年近く昔でビックリ ウォシャウスキー兄弟が姉妹になるはずだぁ)


180402h4.jpg


術後着を全く気にすることは無く
普通に毛繕いをして、普通に過ごしていました。


180402he.jpg


ただ、黒だからすぐに毛だらけになっちゃったし
抜糸の2~3日前には、薄っすらとオシッコ臭くなっていました。


180407jyu.jpg


そして、脱いだ後の術後着の裏にも毛がびっしり付いていました。
(脱いじゃうと術後着じゃなくて、単にカットソーの袖なんだけどね)


180407h2.jpg


術後着を脱がされたひめは、一生懸命毛繕いをしていました。
気にしてなかったとは言え、やっぱり脱いだらスッキリしたみたいです。

180407k.jpg


抜糸後の傷はこんな状態でとっても奇麗。
今後、毛が生え揃った時にひめの縞模様はどうなるのかな?


180407e.jpg


腫瘍が良性だったから、これですっかり完治です。
本当に良かった。







コメント欄はお休みしています。






ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


悪性じゃなかった


ピピの食欲も盛り返し、ひめの甲状腺も落ち着いたのだけれども
その最中、いつの間にかひめに「オデキのような物」(以下オデキ)ができたのです。


180402h1.jpg

時系列にお話すると
2/6 ひめの体重が増えず甲状腺機能亢進症を疑い病院へ。
この時はオデキに気付かず。 (或いはまだできてなかったのかも?)

検査の結果、ひめが甲状腺機能亢進症である事が判明し薬を処方されたが
その薬が合わず薬を変更。 (この間、私だけが病院へ行き薬をもらう)

2月下旬、ひめを抱っこした時に左の足と背骨の間位にあるオデキに気付く。
けれども、 「今度(3/20)に甲状腺の再検査をするので
その時ついでに診てもらえば良いや」 と気楽に考える。

3/20 ひめの甲状腺の再検査とオデキも診てもらう。
オデキは発見時より少し大きくなった感じ。
オデキの中身の細胞を採取して病理検査にまわされる。

そして3/22に出された検査結果がこちら

180402k.jpg

「細胞所見」を読んでも 「ちょっと何言ってるのか分からない」という富澤状態だけど
ヤバい!って事は分かるので大ショック! (サンドウィッチマンのネタ↑)
兎に角、3/28にオデキ(もはや腫瘍、以下腫瘍)の摘出手術決定。

3/28 昼にひめを病院へ連れて行き、19時に迎えに行く。
腫瘍は3/22よりも更に大きくなった感じ。

手術前に毛を刈った状態だと、かなりの大きさでビックリ。 (獣医さん撮影)

180402hk1.jpg

180402hk2.jpg
この構図だと、ちょっと日の丸弁当を連想してしまう)    

手術は一応悪性リンパ腫という前提で
腫瘍の周りの組織もしっかり切除してくれました。

そして摘出した組織を病理検査に出して
浸潤(しんじゅん)状態とか色々詳しく検査してもらいます。

「リンパ腫には抗がん剤が効く」と説明を受けたのだけれど
周りの組織に浸潤(しんじゅん)していなければ、抗がん剤投与はしないので
「全て奇麗に取り切ってますように」と祈っていました。

そして3/31に出た検査結果は良性腫瘍でした。
良かった。 本当に安心した。 経済的にも助かったのでした。

抜糸は4/6なので、ひめはまだ術後着を着ています。
体にフィットしているからか、洋服を全然嫌がっていないのが意外でした。
ひめの術後着姿は早々にupします。



腫瘍の断面写真を追記に載せました。
そんなに気持ち悪くなないと思うけど、
苦手な人もいると思うので閲覧注意してください。







コメント欄はお休みしています。






ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


続きを読む »

本当の原因は分からないけど


またまたご無沙汰してしまいました。
皆様お元気ですか?



さて、今回は前回言っていた 「ピピも大変だった」 というお話です。

ひめが甲状腺ホルモンの薬と一緒に処方してもらった腎臓の薬(ラプロス)を
ピピも飲んだ方が良いという事なので、早速ピピにも飲ませました。
するとピピはグングン食欲が出て、1週間位で体重も3.1kgに増えたのです。


180315p1.jpg


それまでのピピの体重は3~2.9kg位で、なかなか3kg以上にはならなかったので
「こりゃ~ とっても良い薬が出たね~」 と喜ばしいたのだけれども
この腎臓薬のラプロスには(重大な)難点があって、値段がとっても高いのです。


180315p2.jpg


ひめピピのふたりに飲ませると、ラプロス代だけで月18,000円!
「こりゃ~ とっても苦しいね~」 と思うものの
ラプロスで絶好調のピピに飲ませない訳にはいかないので


180315p3.jpg


腎臓が軽症のひめだけでも他の(もう少し安い)腎臓薬で代替えにできないか
「こりゃ~ 獣医さんに相談だね~」 なんて考えていた矢先
なぜかピピの食欲がグングン落ちて、ほとんど何も食べなくなったのです。


180315p4.jpg


ピピの食欲のアップダウンが余りにも激しいので
「もしかして薬の影響?」と思い、(これ幸いに)ラプロスを2日間止めてみたところ
3日目から食欲が戻ったので、結局ラプロスを飲ませるのを止めたのでした。

これってウチが火の車だってピピが気付いたからかしら?
「こりゃ~ 伊達に年取ってないね~」 と感謝しきりのぐりぴきでした。 スバラシイね


このピピの食欲問題を獣医さんに相談したところ
「薬を飲ませれば良いってもんじゃないから、取り合えず止めようか」って事でした。







コメント欄はお休みしています。






ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif