23歳昇天のチビ次にあやかる極楽猫生活

年の瀬にしろくま君に会う


いよいよ今年も終わりですね~という皆さん忙しいこの時期に
図々しくも「しろくまはねこである」のおまゆさん宅に昨日お邪魔しました。


141229s1.jpg

こちら、毎度お馴染みのしろくま君です。
私が顔を出すとベッドの裏にサッと隠れましたが、その後すぐにまたベッドに戻ってくれました。

なので今度はおもちゃを振って友好関係を築こうと試みましたが、

141229s2.jpg

しろくま君はおもちゃじゃなく私の顔をまじまじと見て、
私が何者なのか確認している模様です。 賢いね!


141229s3.jpg

とは言え、初めて会ったのに何者か分かるはずも無いので、
私は好印象目指しておもちゃを振るのみですが、


141229s4.jpg

さすが紳士しろくま君、ひっそりと舌を出しつまらないアピールをしているようです。
が、ここは押せ押せなんじゃない?とピピゆずりのトンチンカンで更におもちゃを振ると・・・


141229s5.jpg

今度はガッツリとあくびをして、
つまらない&知らない人で緊張したアピールをしていました。 ごもっとも・・・

そこでしろくま君の永遠の恋人おまゆさんが優しくフォローです。

141229s7.jpg

地獄に仏とはこの事ですね。 極楽極楽・・・

にしても、

141229s6.jpg

やっぱりしろくま君デカ過ぎないか?と、その純白の全身を見てつくづく思うのです。

我が家で一番小柄(と言っても家はみんなこんなサイズ)のピピと比べると

141229sp.jpg

こんな感じかな~ あくまでもイメージですが・・・ 体重はしろくま君が倍以上あります。
猫と言えども様々ですよね。 でも、我が家の女性陣は平均的な雌猫の体格なんですよ。

それから、神秘のベールに包まれた巨大猫しろくま君の究極のプライベート・・・

141229s8.jpg

トイレに入っている写真もゲットしました。 用を足していても哲学的ではないですか!
盗撮じゃないし犯罪でもないですよ~  たぶんね


おまゆさんはノリエットというお店でケーキを沢山買ってくれていて

141229sa.jpg

このサバランはオレンジの風味豊かで大変美味しかったです。
そして私の大好物のタルトタタンも最高でした。(写真を忘れたのでこちらをご覧下さい→

さらにお土産に

141229ch.jpg

ドライいちじくのチョコレートを頂きました。 うまそ~

さらにさらに・・・ 大きな声では言えないけれど
おまゆさんがユルユルでサイズが合わないパンツ2点を、初めて伺ったお宅で試着して
パッツンパッツンだったけど入ったので頂いてきちゃいました。
ほぼ、親戚の家に行ったって感じ・・・



141229s9.jpg

そしてコタツの中で寛ぐしろくま君に別れを告げて(全然違う方向見ているけどね
おまゆさんとしろくま君の愛の巣を後にしたのでした。

おまゆさん、どうもありがとう!
今度は我が家の女性陣に会いに来てください。







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


スポンサーサイト

懲りないピピ


ひめは日向ぼっこで暑くなると、日陰やコタツの中に入って眠りますが、
陽が沈む前に再び陽にあたりたいようで、西日が射すコタツ上の猫ベッドに入ります。

どうせなら、なるべく長く陽にあたっていられるようにと、
ひめを猫ベッドごと一番最後まで西日があたるテーブルの上に移動させると

141227ph1.jpg

いそいそとピピがやって来て・・・

141227ph2.jpg

クンクン、コソコソと

141227ph3.jpg

あちこち探りを入れ始めました。

そして、

141227ph4.jpg

何か確信を掴んだかのような顔をしたピピは・・・


141227ph5.jpg

そ~と近寄って・・・


141227ph6.jpg

慎重に手を入れてみました。


141227ph7.jpg

あっ、見つかった!


141227ph8.jpg

残念! 忍び込み作戦は、今日は失敗したようです。


141227ph9.jpg

でも、いつかきっと猫ベッドに一緒に入れる日が来るという
根拠の無い希望をピピは感じずにはいられないのです。







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


困ったテンコ盛り


友人Yさん宅のうらんちゃんは先月の定期健診で、腎機能の状態を示すクレアチニンの数値が上がっていたので、それまで服用していた薬を腎臓の薬「セミントラ」に変更しました。
(詳しくは「うらんちゃん好調だけど」をご覧下さい。)


そして今月はその効果を確認するために、24日に病院へ検査に行く予定でしたが、
21日にうらんちゃんの様子がおかしいと連絡が入り、急遽22日に病院へ行きました。

うらんちゃんは歩くのも大変になったので、行きはタクシーになりました。

141225u3.jpg

病院ではグルグルと言って機嫌良くはしていましたが、いつものような覇気はなく
キャリーを出てウロウロすることもありません。

141225u1.jpg

Yさんが21日に病院に連絡した時点で、動けない原因は肥大型心筋症によって、
後肢に向かう血管に血栓が詰まるという最悪なものでは無いだろうとは分かっていました。

141225u2.jpg

なので他の原因を獣医さんが探っていくと、うらんちゃんはお腹を触られると痛がり、
便も溜まっているので便秘が原因かも?と、レントゲンを撮る事になりました。


141225ur.jpg

そしてレントゲンを見てみると、素人目にも便が分かるし、
腸内のモアモアはガスが溜まっている状態だそうです。

そして、うらんちゃんに輸液をして(水分補給で便が出やすくなるそうです)
便秘薬を飲ませてくれました。 後は自宅で便が出るのを待つ事になります。
チビ次も便秘で倒れて病院へ担ぎ込んだ事があります。
便秘でも命に関わる事があるんですよ。


そんなこんなで忘れそうになりましたが、

141225ub.jpg

腎臓の薬「セミントラ」は効果が出て、うらんちゃんのクレアチニンの数値は下がりました。
このまま続けて更に数値が下がると良いですね。



141225u4.jpg

帰りはバスで帰りましたが、
終始大人しくキャリーから出る事がないうらんちゃんでした。



141225uh.jpg

帰宅後はベッドの近くにトイレを置いたら、うらんちゃんがさっそく寄って行ったので、
入るか?と思いましたが入りませんでした。

結局フンをしたのは24日の夜で、なんとその前にてんかん発作も起こしちゃったそうです。
体調が悪いと色々重なってしまうのかもしれません。


そんないつもと違ううらんちゃんを

141225ss1.jpg

同居猫のシュシュちゃんは警戒してしまって、近づかずにいるそうです。
それどころかうらんちゃんが近づくと大声で悲鳴をあげたりしたそうです。


141225ss2.jpg

体は大きいのにノミの心臓のシュシュちゃん。 困ったもんだね。
彼女のためにも早くうらんちゃんには元気になってもらいたいものです。 Yさんお疲れ~







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


クリスマスってことで・・・


全国的にクリスマスですね。
特にクリスマスらしい事をしない私ですが、ちょっとした飾りつけは一応しています。

141223en.jpg

玄関の一角の猫の置物周りをそれっぽくしたり、


141223kc1.jpg

キッチンカウンターにいつも飾ってある置物の横に、
毎年クリスマスツリー(廃物利用の手作り)と、猫サンタのプレート、猫マトリョーシカを飾ります。


猫サンタのプレートは

141223cd.jpg

こんな絵柄で、大昔買いました。


猫マトリョーシカも

141223cm.jpg

クリスマス用なんです。 これも大昔に買ったような気がする・・・ 覚えてないのよ~


で、夜になったら東京タワー・・・

141223kc2.jpg

誕生日にもらったもので、
クリスマスには関係ないけどイルミネーションってことで・・・

141223kc.gif

こんな感じで色も変化させたりできるんですよ。
他にも点灯パターンがいくつかあります。 お客さんが来た時にだけ着けます。



当然、クリスマスなんて無関係なグリはいつものように寝ています。
最近は午後にはこうしてソファーで寝る事が多いです。

141223g.jpg

でも、今日の夕食はいつもと違って、遂に一食分を1回で完食しました。
このソファーの寝床に出前したんですけどね。


更に相変わらずのふたり。
夕食待ちのひめに、恋人気取りでベタベタするピピ

141223ph1.jpg

ご飯を求めているのか、助けを求めているのか・・・
必死なひめの眼差しが良いですね。


141223ph2.jpg

そしてウットリとしたピピの眼差しも、私に自慢しているようで良いですよ!
でも、よそ見しているから・・・


141223ph3.jpg

逃げちゃったね。







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


さすが古株


金曜日の夜からグリのマヌカハニー歯茎直塗りをやめて、マヌカちゅ~るを
一日2回舐めさせていますが、今のところは食事も完食して調子は良いようです。

今日も夕食の時間が近づいてきてグリは目を覚ましましたが、
起きるとすぐに熱心な毛繕いが始まりました。

141221g1.jpg

余りにも長い時間舐めているので、おもちゃを振って気を引こうとしましたが、
毛繕いに夢中で見向きもしてくれません。


すると、振っているおもちゃに反応したピピ

141221pg1.jpg

コタツの中からアタックしてきました。 (ブレブレ写真ですみません


141221g2.jpg

そうなるとグリも毛繕いどころではなくなって、果敢に攻撃を始めました。


141221pg2.jpg

ピピグリ、両者入り乱れてじゃれていると


141221pg4.jpg

グリはもはやおもちゃではなく、興奮して飛び出したピピを追ったり、


141221g3.jpg

再びおもちゃに攻撃したりと


141221p1.jpg

ピピと交互に遊んでいました。

やっぱり私が「おもろいよ~」とか「楽しい~」なんて、空々しい事を言うよりも
目の前でエキサイティングしているパートさんを見た方が
グリ社長も「おぉっ!」っとなるに決まっています。

「亀の甲より年の功! 見たか古株パートの底力!」なんて
お婆ちゃん猫らしい台詞をピピが言いそうです。 言ったら楽しいな~


ちなみに・・・

141221h1.jpg

只今、食欲絶好調のひめは、おもちゃを振っている私と目が合う度に
「遊んでるヒマがあったら、さっさとご飯の支度しなさいよ!」と言いたげでした。 すみませんでした







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


信頼にお応えしますよ!


ここ1週間以上、辛いマヌカハニー歯茎直塗りに耐えてきたグリです。

141219g1.jpg

頑張った甲斐があって、現在は一食分を2回に分けて「ちゅ~る」無しで食べています。
(2回目の食事は、台所を去ったグリを追ってあげるので出前になります


最後まで赤かったグリの歯茎の炎症は、直径3mmあるかないかの小さなもので、
ちょうど人の口内炎のように中心は少し白っぽくなっていました。
抗生物質だけでは消えず、抗生物質とステロイド剤を併用した時だけは消えていました。

141219e.jpg
<炎症イメージ図>
そして現在その炎症は、上記イメージのように
他の部分よりもちょっとピンクが濃い状態にまで落ち着きました。
今夜(金曜日)から、歯茎直塗りを止めてマヌカハニー+ちゅ~るの「マヌカちゅ~る」にします。


しかし、延々とグリが嫌がる歯茎直塗りを続けた副作用として

141219g2.jpg

「毛繕いし過ぎ」という状態になってしまい、

141219g3.jpg

この写真では分かりにくいのですが、特に両後ろ足の毛は
現在も日に日に薄くなっていて所々地肌が透けて見えます。


以前お話したようにブランケットをかけると、
舐めずにそのまま寝てしまう事が多いのですが、

141219gb.jpg

勿論すぐに出てしまう事もあるので、その時はそのまま自由にしておきます。
毛繕いを無理にセーブするのもストレスになってしまいますしね。 うむむむ


ブランケット作戦の他には

141219g4.jpg

おもちゃで毛繕いを忘れよう作戦を実施していて

141219g5.jpg

自分の毛じゃなくて、おもちゃを舐めるよう促していますが、
自分の毛ほど熱心には舐めません。


その他には、グリは可愛がってもらう事も大好きなので
今まで以上に可愛がる時間を増やしています。

141219g6r.jpg

グリは構ってもらいたい時は、
私の足や手をチョイチョイと触ってきて、頭や顎をグイグイ押し付けます。

141219g7.jpg

そして、「可愛がってくれるに決まっている!」と私を見つめます。

延々とグリが嫌がる事をし続ている私に、
信頼して「可愛がって!」とアピールするグリが大変不憫で申し訳ないです。

兎に角、グリが足の毛が薄くなるまで舐めるほどストレスを与えてしまいましたが、
それを無理に止めさせるのもストレスなので、何か楽しい事で気を紛らせます。 ね!

多少ハゲても死ぬ訳じゃない! グリとのんびりやっていきます。







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


仲良しって事で・・・


全国的な寒波と強風、東北・北海道地方は吹雪だそうですね。
みなさんのお住まいの地方は大丈夫でしょうか?

私は師走だからという事でもありませんが、今月は何かと忙しく更にネタがない事もあって、
ブログの更新も1日おきになっています。 えへへへ



さて、本日は毎度お馴染みのピピひめの最近の様子です。

141217ph1.jpg

毎日コタツの中では常に背後霊となっているピピを、
仕方なく受け入れてくれているひめですが、


141217ph.gif

一緒にぐっすりと寝ている時もあれば、
明らかに「ウザイ!」とシッポをパタパタさせている時もあります。


141217ph11.jpg

コタツからひめが出るとピピがすかさず後を追う時に、


141217ph12.jpg

ひめが避難する場所は、コタツの上の猫ベッドです。


141217h1.jpg

さすがのピピもこのベッドに、無理やり入って来る事は今の所ありません。
まぁ、今の所ですけど・・・


141217p1.jpg

ひめに逃げられたピピは、タワーに上がって西日を浴び、
かなり黄昏た空気をかもし出しています。


しかし、夕食の時間が近づくと、只今食欲絶好調のひめはベッドで食事待ちができず、
迂闊にもベッドから飛び起きてしまうのです。

141217phs1.jpg

当然その姿をピピは見つけて、速攻で後を追います。


141217phs2.jpg

そして、ひめの楽しい食事待ちの時間は台無しになって
ピピの幸せなひと時が繰り広げられるのです。

そんなチグハグなふたりは、それなりに仲良くやっています。



141217g.jpg

日向で呑気に頭を掻くグリです。
本日も相変わらず一食分を2回に分けて食べていますが、
炎症の赤みはとれてきているし、完食しているので良しとしています。







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


ストレスフルなグリ


東京の気温もずいぶん低くなって、昨日は初雪になりましたね。 ほんの少々ね
今日も気温は低くかったけど、天気が良く猫のみなさんは日向ぼっこしていました。


141215gg.jpg

グリは途中から暑くなって、日陰で転がっていました。
こんな風にしていると、とても元気なのですが、まだ少し歯茎の炎症が残っています。

141215g1.jpg

何とか歯茎の様子が撮れないかと、アクビの度にシャッターを切りますが
歯茎は全く見えません。

141215gha.jpg

以前、病院で撮影した写真で説明するとこんな感じで、
黄色い丸の中の炎症が、まだポツンと残っています。 しつこいのね~


それからもうひとつ問題が・・・

141215g2.jpg

グリが以前よりも長い時間をかけて毛繕いするなと思って
その様子をよく見ると、手足をしつこく何度も舐めていました。

141215ga.jpg

手足を近くで見てみたら、特に後ろ足が両方とも少し薄くなっていました。

ピピもそうでしたが、ストレスで自分の毛を舐め過ぎたり千切ったり、
肉球や爪の部分を血が出るまで齧ったりする事が猫にはあります。
この行為の最大に困る点は、ストレスが無くなっても癖になりやすい事です。


で、取り敢えずの防止策として・・・

141215g3.jpg

しつこく手足を舐めそうになったら、グリにブランケットを掛けてしまいます。
ブランケットに潜るととても落ち着くらしく、舐める事なく安心して寝てくれます。

マヌカハニーの歯茎直塗りは、グリにはストレスになっている事は分かっていました。
でも、もう少し続けたいので、塗るタイミングを毎食後から正午と零時にして、
少しでも食事と関係無いようにしてみました。

ちなみに、食事は相変わらず2回に分けて食べていますが、(2回目はちゅ~る有り)
ちゃんと食事の催促に来るようになりました。
食事もストレス解消になると良いんだけど・・・ どうかな~


141215g4.jpg

ブランケットを掛ける方法は冬季限定だから、今が冬で本当に良かったです。
炎症も少し赤みがとれてきているから、グリもう少しだけ頑張ろう。

炎症が無くなったら、マヌカちゅ~るにして食後のデザートになるよ!







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


結局あなたが・・・


唐突ですが、
我が家の最年長16歳のピピは、仔猫の時に実家の母に保護され、
その当時はシッポにカビが生えていて、毎日イソジンを塗って治しました。

14121398p1.jpg

カビが治るか治らないか位の時、ピピはどうしてもトイレで用が足せず、
母が煮詰まってしまったので私がピピを引き取りました。

14121398p2.jpg

後で分かった事ですが、ピピは納豆などの大豆製品が好きで、実家のトイレの砂は
オカラのトフカスサンドだった為、食べ物のニオイがしてトイレと認識できなかったようです。
我が家の猫砂は木の砂だったので、何の問題も無くピピは1回でトイレを覚えました。

14121398p3.jpg

しかし、それからすぐにピピは激しいてんかん発作を起こすようになりました。
獣医さんから「発作が起きるたびに脳細胞が死ぬ」と聞いて
もしかしたら大人になれないかもしれないし、どっちにしても長生きはしないかもと思いました。

14121398ucp.jpg

でも、先住猫のうらこチビ次のお蔭で1歳になったピピは、
発作も起きなくなったので避妊手術をしました。

14121399p4.jpg

この避妊手術と一緒に、ピピの乱杭歯の頬や歯茎にあたる歯は抜歯してもらいました。
そんな訳で、この頃から食べる事が下手だったピピは、チョビチョビ食いで食が細く
その後も度々自然と歯が抜けていき、やっぱり寿命が短い気がしていました。

14121301cp.jpg

そしてピピは極端に神経質で、他の猫が病院に行って来ても隠れてしまい、
トイレにも行かないで飲まず食わずで24時間以上押入れに篭っていた事もありました。

うらこが亡くなった後に来たグリにはそうでもなかったのですが、
現在の住まいに引っ越した後にやって来たひめには馴染まず、

14121310cpgh.jpg

ビクビクするから面白半分に更にひめに襲われて、ストレスで自分のお腹を禿げるまで
舐めていた時は(2年位続きました)やっぱり長生きしないかな~と思いました。

1412134cp.jpg

それでもチビ次がいたから、彼に甘えて八つ当たりしてひめとも暮らせるようになりました。
しかし、そのチビ次が亡くなった時、遂にピピに本格的な試練が来て、
うな垂れ弱ったピピチビ次の後を追うように・・・って事も考えました。


ところが皆さんご存知のように

141213ph1.jpg

ピピは何を思ったのか、散々襲われたひめの事を自分の拠り所と定めて、
しつこく追い回すうち、ひめピピを不気味と思ったのかふざけて襲わなくなり、

141213ph2.jpg

今では「執拗に追われるよりも、一緒に寝る位いつでもどうぞ」って感じになりました。


141213p.jpg

そうして心の安定を得たピピは、今は単独行動も普通に出来るようになりました。


話がピピの仔猫の時にまでさかのぼり、無駄に長々となりましたが、
結局、長生きしないんじゃないかな~と思うようなピピが、
実は一番強くって元気に長生きするような気がしますって事です。

いや、気のせいではなく16歳のピピは用心のために腎臓ケアのご飯を食べていますが、
腎臓・肝臓・その他正常で、抜歯手術をしなくてもダメになった歯は自然と取れているんです。
心身ともに安定している今はピピに怖いもの無しと言って良いでしょう。

あ、カミナリは怖いと思います。







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif


疑惑のグリ その2


グリは腹が減ったら食う」と思ったものの、しかしもしかしたらやっぱり歯茎が・・・と考えて、
昨夜0時頃に「マヌカ&ちゅ~る」をグリに舐めさせました。


そして、本日の朝食時。

141211gh1.jpg

順調に台所で食事を始めたグリですが、

141211g1.jpg

食事の途中で台所を去り、出前をするも半分以上残してしまいました。
しかし、今回もちゅ~るをかけずに朝食終了として、夕飯の食いつきをみる事にしました。



そして夕食時。

141211gh2.jpg

食事の準備をする私の足元をウロウロしつつひめにメンチ切って、


141211gh3.jpg

私に「ご飯をくれたまえ!」アピールまでして、ヤル気満々のグリです。

ところが結果は朝と同じで、昨日や一昨日よりも芳しくない結果となりました。
そこでグリをとっ捕まえて歯茎を見てみました。 (さすがに写真は撮れませんでした)

赤く腫れているという程ではないですが、若干赤みがある位という
これまたどう判断して良いものか分からない状態でした。

ただ、ヤル気はあるのに食べれない時と似ているので、
やっぱり1週間くらい歯茎にマヌカハニーを直接塗って赤みをとる!という事にしました。
だから、また捕まえてグリの歯茎にマヌカハニーを塗りました。


でも、なんだかグリに申し訳ないので、

141211g2.jpg

大好きなコーミングをしてお腹もモフモフしてあげると、


141211g3.jpg

グリも機嫌良く頭をスリスリつけてくれました。

可哀想だからと言って、歯茎に直接マヌカハニーを塗るのをやめて
ちゅ~ると混ぜるのは早かったのかもしれません。

とにかく、これから1週間は歯茎の確認をしながら、赤みをとっていこうと思います。
グリが可哀想だし私も正直嫌だけど、歯茎に塗っていきましょう。


141211g4.jpg

ね、本人もこんなにヤル気だ!
そんな訳ないか・・・ 







ランキングに参加しています
yazs.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

いつも応援してくださってありがとうございます thks.gif