23歳昇天のチビ次にあやかる極楽猫生活

何か見えるのかな


夜中にトイレに行こうとしたチビ爺ですが、
どうしても後ろ足をトイレに入れることができなくなってしまいました。

140430c1.jpg

今朝はなんとか自力でお水を飲んでいましたが、昼頃から体を静止して立っていることが難しくなって、
お水を前にして飲めずにヘナヘナと座ってしまいました。


こんな状態になることは分かっていましたが、実際になってみると焦りますよね。

140430cw.jpg

でも、お水はこうして飲んでもらえば良いのだし、チビ爺はゆっくり寝ていてね。

ほらグリだって、いつものように隣で寝るみたいですよ。

140430cg.jpg

これで落ち着いてチビ爺寝るだろう… と思ったら、

何だか軽く鳴きながら起き上がって、ヨロヨロなのにウロウロするんですよ。

140430cg2.jpg

昨日、また様子を見に来てくれた妹がいる時にも、
少しの間チビ爺が何かに憑かれたようにウロウロしていました。

それを見て妹が「何か見えるのかしらね」と言ったんですが、
そう言えば最初に看取ったサイモンは、亡くなる5~6日前に1日中怒っている日がありました。
何か幻覚が見えていたようで、私や同居猫が動くたびに「シャーシャー」 怒って可哀想でした。


今のところチビ爺に何か見えていたとしても、
怒ったり怖がったりするようなものでは無いみたいです。  たぶん大丈夫


とは言え、フラフラですぐに倒れるような状態なのにウロウロされるのは辛いので、

140430cc.jpg

しばらくの間は、また抱っこしていました。


140430c2.jpg

とにかくチビ爺が心静かに過ごせると良いのですが、
なんとなく身の置き所が無くウロウロしてしまうようにも感じます。

何か見えるのならば、チビ爺にとって 楽しいものや 嬉しいことが見えていますように…

 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
スポンサーサイト

理想ではないけれど…


今までに、15歳の男の子(サイモン)と17歳の女の子(ウラコ)の
2 頭の猫を腎不全で看取りました。

saimura.jpg

初めて看取ったサイモンには自宅で皮下注射をして、
亡くなる1ヵ月位前からは自宅で点滴をしていました。 とにかく医療的なことをしっかりやりました。
でも、ウラコには延命のための点滴はやり過ぎでは?と思い、最後の方は自然にまかせました。

どっちがどうと言うことではなく考え方ですよね。

もちろん治療としての輸液や点滴、投薬は絶対に必要です。
妹宅のピコは腎不全で入退院を繰り返して輸液の為にしっかり通院したおかげで、
今は腎臓病用の療法食を食べているだけでとても元気です。



そしてチビ爺ですよね。 腎臓疾患はありませんが…

140429c1.jpg

高齢猫がよくなる「甲状腺機能亢進症」を患い、犬がよくなる「捻転斜頸」にもなりました。
でも、投薬を続ければ単純に老衰でいけるんじゃないかと思っていました。

理想は、「大相撲を見ているうちに寝てしまったお爺ちゃんが、実は 亡くなっていた」です。
そこまで安楽ではなかったですね。


それでも…

140429cp.jpg

昼寝の時はヨロヨロと窓辺に行って、痩せた体にピピが寄り添い、



140429c2.jpg

所在無く鳴いていれば、私が及ばずながら抱っこして、



140429cg.jpg

ヨロヨロで自分の座布団に戻れず、グリの上で倒れても我慢してくれます。

それはそれなりに幸せであってほしいです。


相当ヨロヨロですが、まだ自力でお水とトイレに行っています。
明日も行けるかは分かりませんが、皆さんには お会いできます。
 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



見てますか? 僕の生き方


今日は友人のYさんからチビ爺のお見舞いにお花を頂きました。
本当はチビ爺に美味しいものをと思っていたそうですが、食べられなくなったのでね。
初夏らしい爽やかな色合いで、私がリフレッシュできました。 お花って良いですよね。

140428pf.jpg

Yさん宅のうらんちゃんは肥大型心筋症という心臓の持病があります。
でも、このところとても調子が良くて凄く元気です。 推定15歳だから20歳を目指してもらいたいです。



さてチビ爺ですが、今朝も何度も水を飲みに行っていました。
その様子をよくよく見ると、水を飲む時に頭を少し下げることが、維持できなくなってきたようです。
頭を下げられず水面よりも高い位置で舌を動かして、水がなかなか飲めなかったようです。

140428cw.jpg

だから水を飲みに行きそうな時に、こうして小鉢でお水をあげました。
その後は頻繁にお水に通わなくなりました。 早く気づいてあげれば良かった。


それでもチビ爺は、自力で飲みに行くんですけどね。

140428c.jpg

トイレの中に入るのも、後ろ足が上がりにくくなったので、
高さ低めのトイレを用意しましたが完全に無視されて、いつものトイレに入っています。
猫の皆さんは「いつもと同じ」にこだわりますよね。


昨日よりも更に小さくなってしまったチビ爺ですが、淡々と生きるために生きています。

140428cc.jpg

「見てくれ!俺の生き様」 と言うよりも 「見てますか?僕の生き方」 って感じのチビ爺です。
もう仙人でも何でも良いですよ。 自分のペースで進んでください。


でも、できれば…

今日も午後には日向で皆さんとお昼寝したし、

140428cpg.jpg


夜はグリに舐めてもらって一緒に寝ているし、

140428cg1.jpg

ここには楽しいことがまだあるから、なるべくゆっくり進んでくださいね。

そしてまた明日、皆さんと お会いしましょう。

 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



まさかとは思うけど…


今日は朝から、盛んにお水を飲んでいるチビ爺です。

140427cc.jpg

お水に辿り着くのも大変なのに、座布団に戻ってはまた立ち上がり、
ヨロヨロ水を飲みに行くということを、午前中は繰り返していました。


それに今のチビ爺は足元がおぼつかないだけでなく、
瞳が明るいところでも大きく開いたままになっていて、明るさも良く分からないのかもしれません。

140427cg.jpg

だから隣にいるグリに乗っかったり踏んづけたりしながら、自分の座布団に戻ります。
でもグリは全然気にしないでグ~スカ寝ています。


そして今日も午後には日向ぼっこのために、窓辺の座布団にヨロヨロやってきます。
陽が差していなくても律儀にやって来るんですね。

140427ch.jpg

そこでまたお水やトイレから戻ったチビ爺が、隣にいるひめを踏んづけたりしながら自分の座布団に戻っても、ひめはちょっとチビ爺を見返すだけでお互いに干渉しません。


それから夕方には、チビ爺が座布団の上でグズグズ言うので

140427cd.jpg

またしばらくの間、ブランケットに包んで抱っこしていました。


夜はまたコタツに入っていったので、ホットカーペットを入れました。
(コタツはやぐら部分だけで、ホットカーペットを着けます 初夏だけど片付けられないですよ)

140427cp.jpg

そしてコタツではピピと一緒に寝ていました。


今日も皆と一緒にのんびり過ごしました… って、

140427c.jpg

だからさ、こんなに普通なのにご飯食べないって変でしょ。

まさか本物の仙人になったの? カスミ喰ってますってこと?
そんなこと もうやめちゃいなよ!  チビ爺ィ~ 聞いてんのぉ?


もめてはおりますが、
明日も皆さんに お会いできるとチビ爺が申しております。 おほほほほ
 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



納得しがたい


チビ爺がほとんどご飯を食べなくなって今日で10日になりますが、
今もお水とトイレは自力でいっています。
私が言うのもなんですが、こんなに食べていないのに 凄いですよね。

140426c1.jpg

チビ爺は昨日からコタツには入らないで、ブランケットの中や座布団の上で過ごしています。
今のチビ爺は体温が低く手足も冷たいのですが、やはり気温が上がったのでコタツから出たようです。


他の皆さんもコタツはもう使わず、午前中はブランケットの中で寝ていました。

140426gh.jpg

ピピはブランケットに潜ることが嫌いなので、猫ちぐらの中にいました。


そして午後にはチビ爺日向ぼっこのために、窓辺の座布団にヨロヨロ向かいました。
ふわふわだからなんでしょうか? たまたま二つ折りにして置いてあった長座布団に上がりました。

140426cp.jpg

そして当然ピピも足場の悪い二つ折りの長座布団に上がりましたよ。
この後はふたりでくっ付いて、2時間位は寝ていました。


起きてからはお水とトイレを済ませて、座布団に戻ったのですが落ち着かず少し鳴いていました。

140426c3.jpg

こういう時はブランケットに包んで抱っこしてあげると、しばらくの間大人しく寝ています。


そして 夜には、またグリと一緒にブランケットに潜って寝ています。

140426cg.jpg

今日も皆と一緒にちゃんと過ごしました。

それで、タイトルの「納得しがたい」というのは、
こんなに色々できるのに何でご飯が食べられないんだろう? ってことなんです。

でも、妹に「それが歳をとっているってことなんじゃない?」と言われました。
もっともな話ですよね。  残念ながら。

まだまだちゃんと暮らしています。 明日も皆さんに お会いすることを楽しみにしています。
 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



自然体なだけ


今日もチビ爺は、ヨロヨロとですがお水とトイレは自力でいっています。
コタツには朝から入らないで、ブランケットの中で過ごしていました。

140425c1.jpg

チビ爺暖かいと感じてなのか、寒いからなのか分かりませんが、
今日はブランケットの中が落ち着くようです。


ブランケットに潜り込んでいるチビ爺の傍らには、グリがのんびり毛繕いをしています。
グリさん、今のうちにチビ爺に何か伝えたいことはないの?

140425cg1.jpg

いつも殴って座布団を横取りしたり、チビ爺のご飯を食べちゃったこととか謝ったら?

「ごめんなさい」とか「ありがとう」とか色々あるでしょ。  くどくど

140425cg2.jpg

だまっていないで、一番言わなきゃいけないことを伝えなさいよ。 グリ!




140425cg.jpg

えっ


まぁ、そんな会話をグリと交わしたことはありませんが、
そんな態度のグリだから、とても気楽にさせてもらっています。

それにチビ爺が年寄りになっても、病気になってグルグル回って邪魔だからって叩いても、
嫌がったりしたことは一度もありません。 単に普通にしているんです。


夜になってチビ爺が、自分のブランケットに潜り込んできても気にしないで、

140425ccgg.jpg

自分の毛繕いのついでにチビ爺の顔を舐めてあげていました。

そして19時頃から21時過ぎた今も一緒に寝ています。

140425cgg.jpg

猫には猫同士の、いつもの関係があるんでしょうね。

ピピのように大好きなチビ爺にべったりくっ付いていることも、ピピにとってはいつものことなんでしょう。


そしてチビ爺と無関係を装っているひめも、

140425ch.jpg

チビ爺が来たって関係無いのが、いつもの関係というややこしい状態です。

そんな自然体の女性陣に囲まれて、ヨロヨロとここまで来たチビ爺は、
明日も女性ファンの皆様に お会いすることを楽しみにしていますよ。

皆様いつも 応援ありがとうございます。





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



幸せの初鰹


今朝のチビ爺は、お水からトイレへ行ってコタツに戻る途中で、
また座り込んでしまいました。

140424c1.jpg

「そんなに懸命に戻らなくても、ここで一休みして下さいよ」 とブランケットを掛けましたが、
ちょっと不満げな様子です。


そしてヨロヨロとブランケットから這い出して、まだ昼前なのに窓辺の座布団へ行きました。
(今の季節は室内に日が差し込むのは、午後になってからなんです)

140424cp.jpg

するとまたもやピピがやって来て、同じ座布団にしっかり座りました。
どんだけ好きなんですかねぇ。 この頃はチビ爺よりもピピの方が気の毒な気さえします。


チビ爺は3日前位から、お刺身や「ちゅ~る」の匂いを嗅ぐと少しえずくようなので、
昨日は食べ物を鼻先に置くことをやめていました。

でも、今日の昼食は妹がチビ爺お見舞いに来ることもあって、
カツオのお刺身を用意していたので、とにかく少しあげてみようと思いました。 ( 初鰹ですしね


そのカツオのお刺身をほんの少しチビ爺の鼻先に出すと、
あの懐かしい 「うおおおっっ これって刺身ィ~」 という歓喜の叫びをあげたので、

140424cs.jpg

急いで小皿で差し出しました。 この写真のカツオのカケラ3つは食べました。
それから少し間を空けて、カツオを2カケラ食べました。 (カツオの単位じゃないけど  カケラって…)


ほんの少しのカツオだったけど満足してくれたようで、

140424c2.jpg

昼から夕方まで途中お水を飲みに起きただけで、チビ爺はのんびり寝ていました。
その後は残念ながら、またお刺身に顔を背けました。  仕方ないです。


夕方からは、また皆さんとコタツでゴロゴロ。

140424cpgh.jpg

東京地方は朝晩冷えるんですよ。 コタツ万歳 (あ、オバマさん来てますね)


それから最近チビ爺が好きなのは抱っこで寝ることです。

140424c3.jpg

今も抱えてブログの更新です。 抱っこなう。

チビ爺さん、今日も少しは幸せだったんじゃないでしょうか?
そしてピピ幸せでしたよ。

明日も皆で幸せをあげたり もらったりしましょう。
 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



穏やかな一日


昨夜遅くにチビ爺のヨロヨロがひどくなって、
もしかしたら朝には立てなくなるのかなぁ と心配していました。

140423c1.jpg

そして今朝、少しギクシャクはしていますが、ちゃんとお水に辿り着きしっかり飲んでいました。

トイレにも行って、またコタツに戻って行きました。

140423cc.jpg

コタツの中では、皆さんそろってゴロ寝していましたよ。

140423cpgh1.jpg

チビ爺がご飯を食べなくなってから、すべての薬を止めましたが、今のところその影響は無いようです。

私が 想像したのは、甲状腺機能亢進症でテンションが上がりまくり徘徊とか、
抗生剤の中止によって歯槽膿漏悪化で膿と鼻水で呼吸困難とかですが、
今のところそんな症状は出ていないです。 このまま何も無いように祈ります。


それから今日は久しぶりに日差しが入り、

140423cpgh2.jpg

皆さんそろって日向ぼっこで昼寝もできました。

こんなに平和で 穏やかだと、チビ爺の具合が深刻に悪いなんて、
リアルな悪夢を見ていただけかな? と思えてきます。


でも、もちろんこれは現実で…

140423cgi.jpg

抱っこしているチビ爺は日に日に細くなって、
以前はチビ爺の重さですぐに疲れてしなった腕や足も、今は何時間でも大丈夫なほど軽いです。


それでも今日は本当に穏やかな日でした。

140423c2.jpg

チビ爺は、ご飯を食べないこと意外はまったくいつもと同じで、
他の猫の皆さんと一緒にのんびりまったり 猫の時間を過ごしました。

明日もこんな日になるといいな。 
 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



愛でしょ、愛


昨夜のチビ爺は、ほとんどウロウロしないでコタツで過ごしたようです。

140422c1.jpg

朝には自力でお水を飲んでトイレに行きました。


でも、トイレからコタツに戻る途中で…

140422c2.jpg

ペッタリと座り込んでしまいました。


もうお水もトイレも済んだから、抱きかかえてコタツに入れてあげると、
チビ爺は完全に横になって眠りました。

140422ch.jpg

ひめは単にいつも通りコタツにいるのでしょうが、
チビ爺と一緒に誰か居てくれると私はとても 安心します。
チビ爺は途中で起きることなく、15時過ぎまで昏々と寝ていました。


その後チビ爺は起きると結構ヨロヨロしていて、
お水とトイレに行った時には体を支えてあげました。


それからまた抱っこをしてチビ爺をコタツに入れると、

140422cph1.jpg

ピピチビ爺にくっ付いて来て…

一生懸命にチビ爺を舐め始めました。

140422cph2.jpg

おそらく5分位は舐めていました。 そしてチビ爺もずっとグルグル言っていました。
習性と言えばそれまでですが、こんなことするのか! とビックリしました。


今のチビ爺は、猛烈に調子が悪くて辛くて可哀想だと思っていましたが、
とっても幸せでもあるんだなと感じましたよ。

140422c3.jpg

ピピは仔猫の時からチビ爺大好きなのは間違いないです。
だからもうこれは愛だよね。
 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



今日は食べられないね


昨日のお刺身のお陰なのか、チビ爺は今朝2回に分けて少量ですがフンをしました。
だったらまた少しは食べるのかな? と思ったのですが、そんなに甘くはありませんでした。

140421c1.jpg

今日はまったく食べなくなりました。  お水はちゃんと自分で飲みにいっているんですけどね。


そしてヨロヨロと歩き回る時間が長く、

140421cc.jpg

トイレもおしっこではなく、フンをしようとする体勢で度々入っていきます。
(もう何も出ないし下痢でもないんですが… お腹が痛いのかなぁ


体力も全然ないから動かないでほしいけど、どうしてもヨロヨロ歩いてしまいます。

140421cg1.jpg

そしてヨロヨロとグリの前を通ったら、自分の毛繕いのついでにチビ爺を舐めてくれました。
意外と良いこともあったりします。


今日は天気が悪いのに、午後になればやっぱり日向ぼっこをしに来て、

140421c2.jpg

座布団の間に座ってしまいました。 動かすのも可哀想なので、まぁいいか。

そうしたらやっぱり、いそいそとピピが来ました。

140421cp1.jpg

一応遠慮しているのか、ちょっと距離をあけていました。
微笑ましいのですがこんな様子を見るにつけ、ピピが気の毒でなりませんね。


とは言え、このお昼寝も1時間もじっとしていなくて、
私が抱っこしていないと、チビ爺はヨロヨロ歩いてしまいます。
でも、必要以上にトイレへ行くことはなくなりました。


それからやっと、19時位からチビ爺はコタツの中で落ち着いてくれました。

140421a.jpg

チビ爺が落ち着けば、他の皆さんも落ち着いてくれます。

夜中もこの調子でお願いしますよ。
ご飯は食べなかったけれど、チビ爺は明日もここに居てくれそうです。

 




yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ