23歳昇天のチビ次にあやかる極楽猫生活

ゆっくり頑張る

昨日は嵐の中、東京では桜が満開になったんですね。
今日は月曜日ですが、遊歩道には花見客の輪がポツポツとできていました。



昨日は薬を吐かれた事を、クドクド愚痴ったからか、
ブログを見た友人が、「チビ爺が死んじゃう」と思ってしまったようで、悪い事をしました。
チビ爺は、まだまだ死にませんよ。


さて、天国のように春爛漫の今日。 まだまだチビ爺は、

140331c1.jpg

回って、回って、回っています。


でも、キャリーの中では回らないので、

140331c4.jpg

横座りの姿勢で少しの間なら、自分で食事ができました。


更にキャリーの中ですが、久しぶりに

140331cc.jpg

手の手入れをしたんですよ。 右よし。左よし。


140331c3.jpg

徐々に頭が下がってきて、ほとんど寝ている状態ですが頑張っています。



そして今夜は動物病院で、経過を診てもらいました。
薬が一回分抜けた事は、「仕方がないね」とスルーだったので一安心。
まぁ、冷静に考えればそうですよね。 焦っちゃうからね。

体重は先日が2.82kgでしたが、今日は2.95kgに微妙に増えていました。 (少しでも増やしたいよね)
それから、瞳孔の収縮を診てもらって血液検査をしました。

血液検査の結果、まだ白血球の数値がけっこう高いので、炎症はまだまだ治まっていないそうです。
引き続き「抗生物質」と「ステロイド系の消炎剤」の2種類を飲ませる事になりました。
今度はしっかりチビ爺が飲んだ事を確認します!

今年の桜のみたいに、一変にパッとは行かないけれど、
徐々にチビ爺の生活を取り戻していきますよ。





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

スポンサーサイト

凡ミス!痛恨の極み

今日の東京は春の嵐で、せっかく咲き始めた桜が強風に煽られています。

140330s.jpg

そして、私の心も強風に煽られる桜のようにザワザワしちゃっています。

なぜなら、気を付けなくてはならない、基本的な事を忘れてしまったからです。
つまり凡ミスを犯してしまったからです。

凡ミスの被害者はもちろんチビ爺です。



何をしたかと言うか、しなかったかと言うと…

昨夜はチビ爺ご飯をあげて、いつもの持病の薬3種類を飲ませてから、
今回の2種類の抗生剤を飲ませて、チビ爺をキャリーに入れて就寝したんですね。

そして、朝になってチビ爺を入れているキャリーの中を整えてたら…
な、なんと! ペットシートのシワの間から、昨夜の抗生剤が2つとも出てきたんですよ。

薬は飲んだと思い込んで、ちゃんと見届けないでチビ爺をキャリーに入れちゃった~
夜中にトイレを手伝った時にも分からなかったよ。 今、この大事な時に… 最悪うぅぅ

でも、もう時間は戻らないんでしかたないです。 気持ちを切り替えなくっちゃね。



今日もチビ爺はまだ回っています。
(あ~あ~ 飲ませていたらもっと良くなったかも~と思う事がダメなんだよね

140330c2.jpg

朝食後キャリーの中に入れたけど、なんだか足が突っ張ったように伸びちゃっています。
とっても寝にくそうだね。


でも、時間が経ったら、

140330c3.jpg

ちゃんと寝返りをうったりして、いつものように脱力して寝ていました。
気持ち良さそうです。 それに私が撫でるといつでもグルグル言ってくれます。


そしてお昼頃から、立って食事ができるようになりました。

140330c4.jpg

この写真で分かるかな?
まだ頭は傾いているけど、傾斜が少しゆるくなったみたいです。

この写真も分かりにくいかな?

140330c5.jpg

私が支えなくても、なんとか足をふんばって頑張っているでしょ!
器は頭の傾斜に合わせて、傾けないとダメだけどね。



明日の夜は動物病院へ行きます。
明日はチビ爺が、もう少し良くなっているといいな。
そして私の失敗が、大きな影響を与えていない事を祈ります。


それからこれは今夜20時半位のチビ爺です。

1403302027.jpg

おしっこを終えて、少しの間佇んでいました。 この後すぐに回り始めたけど…
でも、おしっこのタイミングは、ふたりとも合ってきましたよ。
それではまた明日お会いしましょう。 ありがとうございます。






yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

まだ、回っています

今日も暖かくて、桜が次々に咲き始めましたね。



そして、暖かいと眠いですよね。

昨夜はブログを書いているうちに、猛烈に眠くなっちゃって、
チビ爺を介護する話まで行き着けませんでした。

と言うのも、
27日に病院から帰ったチビ爺は寝たきりでしたが、まったく動かない訳ではなく、

140327c.jpg

水を飲もうと思ったり、トイレに行きたいと思うと、何とか起き上がろうと頑張るんですね。
するとペットシートからどんどんずれていくので、水を飲む時やトイレの時は私が手伝っていました。

水はスポイトであげて、ご飯はこんな風にして、寝ている口元に持っていてあげました。

140328cc.jpg

抗生剤のおかげで歯槽膿漏からくる鼻水が減って、ご飯への食いつきは結構いいです。
でも、態勢が態勢だから量はあまり食べられませんでした。

それから、トイレの手伝いというのは、チビ爺がトイレをしそうな素振りを見せた時に、
チビ爺のお尻の下のペットシートがずれないようにします。 でも、これが結構大変でね~

なかなかタイミングが合わず、慌ててチビ爺を持ち上げたらピュ~とおしっこが出たり、
あちこち飛んじゃったり、敷物に漏れちゃったり…  夜通しそんな事していて寝不足でした。


でも昨日の午後には、なんとか立ち上がって…

140328cc2.jpg

また回っちゃいました。 でも見慣れているから、初めて「回って良かった」と思いましたよ。
だって、その次はいつものチビ爺に戻るのよねぇ~ うるうる

だけど重症なだけあって、いつもと違ってノンストップで回り過ぎるんですよ。

獣医さんから「あんまり回ると危ないから、キャリーに入れておいた方がいいよ」
と言われていたので早速入れました。

140328c1.jpg

そうしたら大人しく寝ちゃった。 狭いところの方が落ち着きやすいそうです。
それに体力も温存しないとね。

夜もキャリーに入れたので、夜中に1回起きておしっこさせただけで朝まで大丈夫でした。


そして今日のチビ爺は…

140329c1.jpg

昼には自分でキャリーから出てきました。 でも、それからすぐに回っちゃうんだけど。

立ち上がれるようになっても、
頭の位置が傾いちゃっているから、まだ真っ直ぐに歩けないんですね。

140329cc1.jpg

ご飯を食べる気は満々ですが、器の前に顔をうまくもっていけません。

でも、もう寝ながら食べさせる事はできなくなったので、
抱っこしながら傾いた頭を軽く押さえてご飯を食べさせています。

140329c2.jpg


食後にお水を飲む時は、
私がチビ爺の上半身を傾けると、自分でちゃんと飲んでくれます。

140329c3.jpg

年寄りだからいろいろなトラブルが起こるけれど、チビ爺は一点の曇りも無く生きる事に前向きです。
そんなチビ爺にこれからも協力していきますよ

ただ、おしっこのタイミングを今も失敗しました。
抱き上げたらおしっこしちゃって… また洗濯です。 明日は雨なのに~





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

命に別条無いです

昨夜、動けなくなり動物病院へ向かうチビ爺です。 寝ているみたいですよね。



いつも「チビ爺が回っちゃう」と言っている症状は、「捻転斜頸」と言いますが、
動けなくなったのはその症状が重かったからでした。(一昨日、倒れた時は分かりませんでした

チビ爺は回っちゃう時に眼球が左右に動く「水平眼振」なので「末梢性神経症状」とされていますが、
炎症が脳内や脳幹に進行する事もあるそうです。

140327h1.jpg

今回は症状が重いので徹底的に検査してもらいました。


 眼圧は正常でしたが、こんな感じに左右の瞳の大きさが違っていました。
    ey.jpg
   (今もまだ左右の瞳の大きさが違います)


 血液検査は、白血球とグロブリンの値が高かかったのですが、
   炎症があるから免疫や抗体が増加した結果だそうです。 肝機能、腎機能は正常でした。

 頭部レントゲンです。

140327ho.jpg

   ピンクの〇の辺りの神経が、モヤモヤと壊れているそうです。
   だから瞳の大きさが違ったり体が傾いてしまうそうです。 (素人が見ても全然わかりませんね

 他には触診で感覚神経は大丈夫か、チビ爺の体を軽く突いて反応を診ていました。


結論は「末梢性神経症状」による「捻転斜頸」で、
今のところ脳内や脳幹に普及した「中枢性神経症状」じゃないとの事でした。

腎機能と肝機能が正常なので、2種類の抗生剤で炎症を抑える事になり、
まずは即効性のある注射を2本打ちました。 あとは飲み薬を2種類、3日分。
そしてこの日のチビ爺はお水もあまり飲めなかったので、輸液もしてもらいました。

獣医さんに「良くなるまでに2日間位時間がかかるよ」と言われたけど、
2日で今のチビ爺の状態が良くなったら驚きな感じ。
そして「ケイレンしたら脳に炎症が進行した可能性が高いから、すぐに連れてきてね」とも言われました。
まぁ、そんなもんだよね。 色々な可能性があるよね。




140327cg_20140328180811595.jpg

帰宅して、ペットシートを敷いた上にチビ爺を寝かせたら、
グリがウヒャウヒャやってきて、ブランケットにもぐってきました。 「何やってんだよ」と笑っちゃったよ。


今日のチビ爺は、起き上がるようになりましたよ。

でも、まだ体も斜めでグルグル回っちゃってトイレにも行けないし、
ご飯もお水も私があげなくてはならないけど、明日はもっと普通になっていそうです。

今日のチビ爺介護のドタバタも、明日のチビ爺の様子と一緒にお知らせします。





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

大丈夫じゃなかった

昨夜はチビ爺が倒れてギョッとしましたが、
今朝はひめがくつろぐベッドに乗り込んできたので、「な~んだ、元気になったじゃん」と思いました。



ところが、トイレから出てきたチビ爺は胃液を吐いて、

140327cc2.jpg

そのままヘタヘタっとその場に座り込んでしまいました。

手を貸すと、なんとか立ち上がりましたが…

140327cc1.jpg

今度は久しぶりにグルグル回り始めました。 (詳しくは『回っちゃうんだよ』をご覧下さい)

まいったな~と思ったけれど、常備薬の消炎剤を飲ませる事にしました。
でも、その前に少しご飯をと、絶対確実に食べる「ちゅ~る」をあげたら、
チビ爺は顔を背けてしまいました。 が~~ん

140327kd.jpg
(↑これが常備しているステロイド系の消炎剤です)
そこで思い出したのが、チビ爺が以前はすご~く好きだったのに、
突然「キライです」と言い出した黒缶のレトルト。 ストックがあったのであげました。

140327cc3.jpg

そうしたら、ちゃんと食べてくれました。 1/3袋位だけど良かった。

外出 しなくちゃならないので、チビ爺が在らぬ所に行かないように、これも久しぶりに柵をしました。
そして、コタツを覗くと…

140327cg.jpg

ちょっと変な姿勢だけど、チビ爺グリにくっ付いて寝ていたので、
「爺ちゃんをよろしくね」と出かけたのでした。



昼過ぎに戻ると、チビ爺はコタツの前で回っていました。
でも、今までも5~6時間休みながら回っていた事があるので、困まったなぁ~と思った位でした。

それから、16時少し前頃にチビ爺がコタツから出て来ましたが、
グラッと倒れて動けなくなり、その場でおしっこをしてしました。

すぐに動物病院へ行って検査の結果、ちゃんと治る病気だと分かり治療を受けてお薬ももらいました。
2日位で良くなるそうです。 (もちろん絶対は無いですが…)



動物病院の事は、また明日書きますね。 長くなっちゃうから…
チビ爺は今は動けませんが、ご飯も少し食べたしちゃんと起き上がれると思います。





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

現在好調と思ったら

ブログを始めて2ヶ月が過ぎました。
お蔭様で、現在のチビ爺はとても調子が良いです。 応援ありがとうございます。
140326c1.jpg

1ヵ月半位前、いつもお世話になっている獣医さんに、「チビ爺のブログを始めました」と言ったら、
「今更って感じだね」と笑われました。 (もう何年も爺さんだからね
それから「だったら、少なくとも1年は続けたいよね。」とも言われました。

もちろん、獣医さんはただ不吉な事を言ったのではなくて、
現実的にチビ爺は何度か「死ぬかも~~」って事があったんですよ。
だから、皆で協力して1年頑張ろう!みたいな感じです。



当の本人の今日の様子は…

140326ch1.jpg

朝は、ひめが先に来ていたベッドに上がり込んでヒンシュクをかい、


140326cg1.jpg

昼は、グリが小腹を空かせている横で、ドライフードを出前して恨まれました。


でも皆は、チビ爺がキライなわけじゃないんだよ。

140326cp.jpg

ピピはもちろん、チビ爺と思っているし、 (時々八つ当たりするけど)



140326cg2.jpg

グリだって、「従順なオヤジ」と好感を持っているし、



140326ch2.jpg

ひめなんかは「好きな子には意地悪しちゃうの」って、寝ている間に殴っちゃっているし、



なんて呑気に書いていたら、21:30頃にチビ爺がコッテっと倒れちゃって焦りました。
すぐに病院に担ぎ込まなくちゃならないか!と思いましたが、何とか自分で立てましたよ。

しばらくの間抱っこして体を撫でたら、グルグル言い出して私の顔に頭をグイグイつけてきました。
そして、大好きな「ちゅ~る」かつお節味を完食してくれました。

140326c2.jpg

食べ終えたので、「 立ち直って良かったね~」と、

140326c3.jpg

声をかける間もなく、さっさとコタツに入って行きました。

今23:07にコタツを覗いたら、ごく普通に寝ていました。
あれは何だったのかしら? 便秘? 血圧かな? 確かに夕飯は少ししか食べなかったけど…

こんな風に、年寄は分からないのです。
だから毎日毎日を大切に生きて、一周年を目指します。 宜しくお願いします。





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

春が来ていた

今日はとても暖かかったので、遠回りして遊歩道から帰宅しました。

140325ch2.jpg

桜の蕾はずいぶん膨らんできていますが、まだ咲いている樹は無いようです。

ゆるゆる歩いていたらジャブジャブと水の音がして、「魚?」と小川を見ると、

140325d1.jpg

カモが来ていました。 毎年、お花見の時期にやって来ます。
まだ、つがいになっていないみたいで一羽だけの単独行動です。

バシャバシャとド派手に水浴びしています。 水が跳んで来ます。

140325d2.jpg


そろそろ水浴びもフィニッシュ!

140325d3.jpg

おお~~  ビューティフル ステキです キレイです

ここでバッチリキメテ、つがいの相手を探すのかしら? でも来る前に相方を決めておくのでは?
いやいや、自然界には危険がいっぱい。 相方さんが来る途中で亡くなったって事もありますよね。

140325d4.jpg

だとしたら、男やもめ? 未亡人? もしかしたら新成人?
まったく答える様子もなく、お手入れに集中。 もしかしてナルシスト?

140325d5.jpg

実際のところ、カモがつがいになる時期や、このカモがオスかメスかも分かりませんが、
毎年来てくれるのを楽しみにしています。

140325d6.jpg

ここの小川は下水を浄化した人工の川で、子供が溺れない水深10cmにしているそうです。(お役所っぽい)
日中小川でうろうろしているカモも、水深が浅いからか夕方には目黒川の方に飛んで行きます。
カモもこんなに浅いと子育てはできないのかもしれません。

自分磨きに一生懸命なカモに別れを告げて、再びゆるゆる歩いて行くと…


あっ、桜が咲いている。

140325ch.jpg

なぜかこの一本だけ2~3分咲きって感じです。

ch.jpg

毎年この場所の数本の桜は咲き始めるのが早いけれど、今年はこの樹だけどうしたのかな?
フライングしたのかもね。 でもみんな喜んで写真を撮っていました。 私も。


お蔭様でチビ爺は、この頃とっても調子が良いんですよ。

1403251.jpg

今日も朝晩のご飯を、それぞれ3回位に分けてノルマ以上に食べてくれました。

そうは言っても、まだまだ三寒四温です。 猫もヒトも体に気をつけましょう。





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

気持ちが大事

ピピグリひめに対して、いつもいつも弱腰になってしまいます。 (チビ爺にだけは強気)

ピピの住まいにグリが来て、その後ひめがやって来た訳だけど、
どちらも外生活を送っていた成猫だったからか、ピピは最初から迫力負けしていたものね。


ピピの仔猫時代はウラコチビ爺優しく面倒をみていて、
てんかん発作はあったけど穏やかに育ちました。 (詳しくは『皆さんの食事(ピピ編)』をご覧下さい)

すっかり大人になって避妊手術も無事に済んで、
 
990824.jpg

手術あとのハゲを手入れする顔は、メンチ切って結構な強面なんですけれどね。

その後は5年も10年も…

9925ucp.jpg

ず~~とウラコチビ爺に擬似授乳してもらっていたんですよ。
ウラコが亡くなってからは、チビ爺の目が見えなくなる、ついこの間まで擬似授乳していました。

だから15歳のお婆ちゃんになった今も、 ピーターパンシンドロームって感じです。

pppp.jpg
(楳図かずおの『呪いの館』の赤ん坊少女タマミと呼んでいた時期もあります)


でもね、ピピはそれだけじゃなくて、

99pp.jpg

仔猫の時から柱に登ったり、 (以前は木造アパートだったので、柱にパンチカーペットを巻いていました)
柱を上がった横の付け鴨居の上もどんどん歩いちゃって、

01p3.jpg

押入れ上の天袋の戸も開けて出入りして、また付け鴨居を歩いて柱の途中から飛び降りていました。
その頃から我が家で一番運動神経が良いって事は、15歳になった今も変わらないんですけどね。

運動能力は高いのにグリひめには気持ちが負けちゃうんで、

pp1.jpg

一緒にタワーの一番上には登れないで、いつも下の段に甘んじているんですよ。


それでもいつの日かきっとグリひめ 蹴散らして、

pp2.jpg

頂上制覇 悲願のてっぺん取りができるかは… 神頼みです。





 ←これが、
 楳図かずおの『呪いの館』赤ん坊少女のタマミですよ。
 タマミは若い人も知っているのかしら? 知らないか。
 大人になってから友達に借りて読んだら、
 けっこう強引なストーリー展開だったから 笑っちゃいました。






yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ



宗谷海岸満喫?

朝から快晴三連休最終日。 でも飽くまでもインドアな我が家。
そうだ テレビ、見よう。 と、JR東海風に旅気分でTV着けました。

そうしたら、
「北海道の最北端、宗谷地方。厳しい環境の中、冬を生き抜く動物たちの命の営みを見つめます。」だよ!

1403231.jpg

あらら、キタキツネに餌場を追われるオオワシを、グリもTV裏まで追って行きました。


違うの違うの、 そうじゃないのよと、グリを正面に戻すと、

140323b1.jpg

アザラシやカモメをガン見。
いいですよ。 これでグリも宗谷海岸を満喫、旅気分なのよ。

そうそう、鳥はこれ位の大きさが手頃よね。

140323b2.jpg

さっきのカモメは大き過ぎだよね… や~ね~

ん? あれ? 何やってんの…

140323b3.jpg

あちゃちゃ 何だよ~ また後ろに回り込む作戦なのか。


そして、今度は自ら正面に戻って オオワシとご対面。 さすがに貫禄がありますね。(喰われますね)

1403238.jpg



あっ、オオワシが飛んだ! 

1403239.jpg

おお! みなさん!今ちょうどグリの手の中にオオワシが…


ああ~~

140323e.jpg

終わった。 さようなら、オオワシ。 さようなら、宗谷海岸。
厳しい冬の宗谷海岸に身を置いた、グリの自分探しの旅は終わったのでした。 (5分位の旅でした



そしてこれが、グリの連休のリアルです!

140323g.jpg

実体の無いオオワシよりも、使い古した猫じゃらしですよ。 んふふふ





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

シニアな暮らし

いつも遊びに行く『三毛猫 みぃちゃん』のみぃちゃんが、男前過ぎるので我慢できずコメントしたら、
みぃちゃんの同居人のたまうさぎさんが、やはり男前なので倍返しをしてくれました。 ありがとうね


みぃちゃんが宝塚を目指している最中、我が家のシニア達は…

140322h.jpg

ひ め : こんな子供だましで狩の腕が磨けるわけないでしょ。 (つか、狩なんてしないよね


140322p.jpg

ピ ピ : ねぇ、ちょっとこの白髪染め明るすぎない? (ん~ それ、西日があたっているだけ


で、おふたりは何だって…

140322cg.jpg

チビ爺 : グリさん、今日も食事は抜きですかね。 ひもじいですねぇ…
グ リ : ぬぬっ~~


140322g.jpg

グ リ : 管理人さん! ちょっとあのヒト大丈夫なの? 私のご飯とられるんじゃないのぉ?
       (え~ ご飯盗っちゃうのってアンタじゃない


じゃぁ 一応「ご飯は食べましたよ」って伝えますよ。

140322c.jpg

管理人 : チビ爺さん! ご・は・ん・は、食べたんですよぉ
チビ爺 : はい、はい、そうですよぉ。 来月には23歳になるんですよぉ~
       いやはや、あっと言う間ですな。 ふぁふぁふぁ (と、なぜか爺さん口調)


皆さんが、勝手にボケた事を言っていますが大丈夫ですよ。 そんな事はみんな忘れちゃいます。
大切なのは元気で生きているって事です。 Simple is Best 
以上、シニアの現場からでした。





yoro.gif

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ